2008年11月24日

イタリア旅行記 ☆第2回☆

そんなわけで第2回です(#・∀・)ノ


このペースででアップすると、完了するのは一体いつなんだろ・・・(;-∀-)ゝ”


(〃▽〃)2日目 〜ミラノ・ベローナ


・・・と、観光について書く前に、まずは朝食について。


2日目朝食



えっ?!これだけ?!( ̄□ ̄;)ナント!!

ビュッフェ形式だったけど、用意されてるのは、冷たいパンと甘いブリオッシュとラスク、それとコーヒーだけ・・・。


卵は〜?( ´Д⊂ヽ

ベーコンは〜??。゜(゚´Д`゚)ノ



しょっぱいものがなーいっ!!(# ゚Д゚) ムッキー


・・・聞けば、イタリア人は朝はほとんど食べないのだとか。
エスプレッソのみというのも珍しいことじゃないんだって。
なので、火の通った朝食はまず出ないらしい・・・(  ´・ω・)ショボーン


その分、昼と夜にガッツリ食べるらしいけど、それって一番太る食べ方なのでは?!!(゜∀゜)

これから6日間、こんな朝食だったら凹むなぁ・・・(;´Д`)ゝ”




さて。
まぁ気を取り直して、お楽しみに観光よっ(´▽`*)アハハ
ランチとディナーはきっと美味しいイタリア〜ン(*´∀`)だろうし♪


まず向かうはミラノ(*^ー゚)b


ミラノ1

ミラノ2



車窓から眺めるミラノの街は、古いからこそ趣のある建物で、統一された美しさがありました。
全てが銀座三越のような・・・、いやいや、もっと威厳のある”日銀”ってカンジ(笑) (≧∇≦)b


ミラノは、イタリアの産業のなんと7割を担っているのだそう!(゜∀゜)。
そしてその企業はほとんどが中小企業ばかりで、大企業と言われる会社はほとんどないのだって。
中小企業が多いのは、イタリア人が職人気質で、大量生産ではない、コダワリの”ものづくり”をする人々だからなのだ、と。
”Made in Italy”の表示のある品物が、とっても質の良いのが、納得できる気がしました☆



ちなみにイタリアでは、ローカルライセンスを持ったガイドさんしか、街中でガイドしてはいけないという法律があるのだそうです。
例えば添乗員さんが勝手にツアー客を連れてガイドしてたら、捕まっちゃうそうです(゚ー゚;*)
なので、都市ごとにライセンスを持った違うガイドさんが付いてくれて案内してくれます。

ミラノでは、イタリア人のライセンス所持ガイドさんのシャルロッタさんに、通訳のカワムラさんという女性が付いてくれました。
ライセンスを持った人が一緒に居て初めて、通訳のカワムラさんがガイドできる、というシステムのようです。


でもこのカワムラさん、もう30年近くイタリアに居て、ガイド通訳の仕事をしているそうで、もはや”通訳”じゃなくって、この人こそがガイドさんでした。(^▽^;)
イタリア人じゃないから、ライセンスを取ることができないのかなぁ・・・(  ´・ω・)
すごくイタリアを愛してる人だったのだけど、もしそうならちょっと寂しいなぁ・・・と思いました。



バスを降りて徒歩観光♪


これは”スフォルツァ城”
ちなみに右下がガイドのカワムラさん。気風の良い姉御肌の方でした。話も面白かった♪


スフォルツァ城

これがかの有名な歌劇場、”スカラ座”(〃▽〃)
ドレスコードが厳しそうだ・・・。
(でも実は広場挟んで向いの建物の方が立派だったのだよね〜(;´▽`)ゝ”)


スカラ座

次に行ったのが、
”ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガレリア”
イタリアっ子は略して”ガレリア”と呼ぶそうです☆
(でも略しすぎじゃね?!(゜∀゜))


ガレリア


ガラスと鉄でできた、造型の美しいアーケード!
ディズニーランドのワールドバザールのモデルになったところなんだって!(☆∀☆)キラリン
ココはミラノでもかなり地価の高いところで、高級ブランドや老舗の店が軒を連ねています。



しかしなんと!


ガレリアのマック

マクドナルドがありました(  -∀-)ノ
ココは間違いなく世界で一番シックでおしゃれなマクドナルドでしょぉ|〃▽〃)ノ


そしてミラノのドゥオモ
(大きすぎて枠に入りませんΣ(`_´;))


ミラノのドゥオモ


イタリア最大級のゴシック建築と言われています。
ゴシック建築の特徴としては、高い天井と大きな窓に施された、華やかなステンドグラス!
これは神のいる天へと向かう上昇感を演出するためだとか。
とっても繊細なカンジがしました(*´ -`)(´- `*)

こちらはドゥオモの中です。
(騒がずに、お祈りをしている人の邪魔をしない配慮があれば、撮影可能でした)


ミラノのドゥオモ内

ミラノのドゥオモ内2


ほぉ・・・(*´д`*)神聖・・・



ドゥオモで心が洗われた後は、お待ちかねのランチ! キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

メニューはコレ!

前菜にミラノ風リゾット♪


ミラノ風リゾット

ミラノ風リゾットの特徴は、芯の残る歯ごたえのアルデンテのお米なのだそう。
・・・ってか、Non*のよく作るリゾットがこんな歯ごたえだから、実は知らずにミラノ風を作っていたらしいな・・・?Σ(・∀・*;)


メインにミラノ風カツレツ☆

でかい!(`_´;)

ミラノ風カツレツ

そしてドルチェ(*´∀`)アハハン♪

多分サツマイモのパイ。(イタリアにサツマイモがあれば・・・ですが)

サツマイモ(?)のパイ

デフォルトでこんなカンジに崩れてた・・・(゚ー゚;)
大らかというか、適当なイタリアテイストが出てますな( ̄▽ ̄;)



その後、バスに揺られること約2時間半でベローナへ移動。

ベローナは、その街全体が世界遺産に登録されているという、なんとも美しい街です(  ´▽`)ノ
その昔ローマ時代には交通の要衝として栄えた街で、 古代ローマの遺跡や中世の城や教会が混在しています。


ベローナ街並み


ベローナの市場でお買い物

色とりどりの市場の風景もステキ☆
ちなみに、これば、市場で買い物をするNon*の図。


日が落ちた後のカフェテリアのある風景も絵になります 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ


ベローナの夜景

この美しいカフェテリアでゼヒエスプレッソが飲みたいっ.ヽ(≧▽≦)ノ

・・・と思っても、トイレ休憩15分のみの自由行動ではできるはずもなく涙を呑む・・・。・゚・(ノД`)・゚・。



ベローナの観光スポットと言えば、ココ、ジュリエットの家!(n‘∀‘)η

かの有名なシェイクスピアの四大悲劇の一つ、『ロミオとジュリエット』は、ベローナで起こったの実話を元にしたお話。
そのジュリエットの家を見てきました!


ジュリエットのバルコニー

有名なあのシーン、『おぉロミオ、貴方は何故ロミオなの?!』のバルコニーですっ(≧∇≦)b



・・・ふむ、意外と小さい・・・(  ´・ω・)

舞台のセットはドラマチックにするための演出なのね(;´▽`)ゝ”


ベローナの観光時間は2時間もなかったので、17時にはまたもやバスに乗って2日目の宿泊場所、トレヴィソへ2時間かけて運ばれます=3


やっとこさホテルに着いたらのが19時くらい。そしてすぐにディナー。

この日のメニューはコレ♪


ツナのトマトソースパスタに、魚料理。そしてドルチェ。

ツナのトマトパスタ 魚料理 プディング

パスタは美味しかったけど、なんというか魚料理がね・・・(|| ̄▽ ̄)

これ何の魚?!(゜▽゜  )というくらい泥臭い・・・


・・・・・・もしやナマズか?!



まぁ、いいや。

ディナーに欲求不満の新婚夫婦は、夜中にホテル抜け出して地元のBarとか行っちゃったりしてるしね(*´∀`)アハハン♪


トレヴィソのBar



そした翌日も7:30出発で早いので、Barから帰ってすぐ就寝なのでした〜(´△`)ホゲ



 

《まだまだ続くんだな〜これが〜(=゚ω゚)ノィョゥ》
posted by Non* at 19:13| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 楽しかったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夫婦で同時進行ってのは(^w^) ぶぶぶ・・・
ガラスの仮面バリの長さでレポよろ〜

イタリアのローカルガイドは雇用確保の為の法律とか
日本人がガイドすると、イタリア人の仕事がなくなりますからね。
日本語でしてくれるのかというと英語でならいいよという嫌らしさ。
中高で6年も英語勉強してるでしょって
嫌味か((((ノ`皿´)ノ ⌒┫:・┫┻┠'. ザケンナァアアア!!

ヨーロッパの誤解です。
Posted by お腹が狸 at 2008年11月24日 21:31
食い気&飲み気ですなぁ ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
イタリアのローカルガイドは雇用確保の為らしいです。
イタリア語の他、英語でガイドしてくれるらしい。
日本語でもしてくれと言ったら、日本人は中高で6年も
英語の勉強しているでしょと言われたとか嫌味か?
((((ノ`皿´)ノ ⌒┫:・┫┻┠'. ザケンナァアアア!!
Posted by お腹が狸 at 2008年11月24日 21:37
心が洗われてランチ、って食い意地張りまくりやんか!!
それにマーケットで買ってるのはスプライトだし☆Viva炭酸♪

しかし、Barで飲んでる姿は男前ですなぁ・・・。
Posted by ぴあす。 at 2008年11月24日 22:53
>ぴあす。くん

旅の楽しみの大部分に【美味しい食事】ってツキモノでしょぉっ☆(σ・∀・)σ

オトコモエ・・・ま、今更否定はしまい・・・( ̄ー ̄;)



>お腹が狸さん

夫婦で更新速度が似てるのって、やっぱり生活サイクルが似てるんですかねぇ・・・(;´▽`)ゝ”

雇用確保のため・・・ナルホドです。
しかし、ベローナでは日本語が話せる人の同行がなかったんですけど、ガイドさんは最早ツアー客に聞かせる気がなかった模様・・・(# ̄▽ ̄)
添乗員さんにしか聞こえない声でボソボソと話すだけ・・・。
どうせ日本人は聞き取れないとでも思ってるのかぁっ!
元外資勤務をナメンナヨっ(# ゚Д゚) !ってカンジでした( ̄□ ̄;)!!
100%ではないにしてもさー・・・。
Posted by Non* at 2008年11月26日 04:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[旅行]11月7日前半 ミラノにて
Excerpt: 翌朝6時過ぎには起きてバスへ積み込む荷物を整理して、スーツケースは廊下に出しておきます。その隙に、ホテルの食堂で手短に朝食を採るわけですが。 ドイツも冷たいスープとパンだけだって言うけど、聞きしに勝..
Weblog: TETSUJIN計画
Tracked: 2008-11-24 20:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。