2008年11月04日

幸福な一日

2008年11月3日、

,。・:*:・☆゚無事に結婚式を終えることができました☆,。・:*:・゚★

Happy Wedding




長いですヨ(笑)



前日は緊張のためになかなか寝付けず、翌朝は寝不足な頭とクマを抱えて来館・・・なんてカンジになってしまいましたが、メイクが始まるとそこからは1日があっという間で、ずっと夢見心地なカンジでした。



チャペルの扉が開き、父と母と共に入場し、母からベールダウンしてもらってバージンロードを父と共に進んでいく・・・。
本当に、ずっと大事に育ててくれた両親の元から旅立っていくのだな、と感じ、涙をこらえるのに必死でした。

挙式の時は無我夢中でしたが、大階段でのフラワーシャワーでは、ゲストの皆さんの暖かな笑顔に包まれて、とっても幸せでした。

小さい頃からの夢が叶った瞬間でした。


ブーケトスは、高校からの親友の元へ届き、一緒の記念撮影の時に、コッソリ「ありがとう☆」と言われ、嬉しかったです。

次の幸せは、きっと君の元に届くよ。(´ ー ` *)




披露宴は、Non*の友人、マイミクmamio-mamaさんの5歳のご長男の可愛い

「かんぱぁ〜い(* ´▽`)ノ」
の発声でスタート☆

本当に愛らしくて、笑顔のステキな男の子です☆
将来が楽しみ(〃▽〃)



目論んでいたゲストへのサプライズも成功(〃▽〃)
用意したプレゼントに、みんな驚いてくれたようです♪

ケーキ入刀は、当日が結婚記念日のNon*の両親と一緒に。
これもサプライズ大成功でした♪



ファーストバイトは、出席してくれたマイミクぴあす。くんのリクエスト通り、新郎へはでっかくすくったら、大きすぎたみたいで新郎食べきれず(;´▽`)ゝ”
いちご落っことしちゃいました・・・モッタイナイ(σ-_-)σ


新婦の中座エスコートは、これもサプライズで、Non*の姉を指名♪
姉の坊やはとってもやんちゃで、披露宴はゆっくり席に居られないかも・・・という姉だったのでちょっと心配でしたが、大好きな姉に、どうしてもエスコートして欲しかったんです。
なので、実は事前に母にお願いしていて、中座あたりは姉が席に居てくれるようにしてもらったのです。
これも無事成功して嬉しかったです。(´- `*)



ドタバタのイメージチェンジを終えて再入場。
螺旋階段の上から新婦のみ登場♪
みんなが 
おやっ?(   ・。・)∩
と思っているとガーデンから新郎が登場です♪
(最初、新郎の入場に気づかなかった人も多かったとか・・・(;-∀-)ゝ”)


ブーケを持って螺旋階段の上まで新婦を迎えに行って、そこでブーケプロポーズしてくれました(*´ -`)(´- `*)
思わずウルウルきちゃったんですけど、なんとか涙腺を締めました(゚ー゚;*)

後から新郎に聞いたら、本当はもっと長く言おうと思ったらしかったのですが、私の顔を見て、

これ以上引っ張ったら確実に泣くっΣ(・∀・*;)
と思ってやめたとか・・・( ̄ー ̄;)



再入場の後は各テーブルをラウンドして、プレゼントと記念撮影。
少しずつでしたけど、直接ゲストと触れ合えて、とても嬉しかったです!

実はこのプレゼントはクジになっていて、当たりの人にはスペシャルプレゼントが☆
当たったのはNon*の友人で、前に出てきてもらったとき、彼女の目に涙が溜まっているのを見て、またウルっときちゃったんですが、ここでもなんとか堪えられました=3



そして友人スピーチ。
新郎側は、彼の大学からの友人が、とても暖かな言葉をくださいました。
新郎をものすごく良く言ってくださいましたヽ(ヽ・∀・)アヒャ?

Non*の方は、中学の頃からの大親友にお願いしてました。
以前のブログで、彼女の結婚式の事も書きましたが、(コチラです☆) 中学・高校と、本当にいつも一緒に居て、卒業してからもずっと支えになってくれた友人です。
中学からの思い出と彼女の温かい思いを聞いたとき、もう涙は止まらなくなっていました。
挙式から既に通算3回我慢していた涙腺は、4回目にして限界でしたね(;-∀-)ゝ”

いつもよりしっかりアイラインとマスカラを施したアイメイクは溶け、流す涙は真っ黒・・・Σ(○口○;)

新郎曰くは、
「ちびま○子ちゃんのがーンって時の顔(  -∀-)ノ」
 だそうです・・・( ̄□ ̄;)ナント!!



そしてクライマックス花嫁の手紙。
ご想像の通り、すでの決壊した涙腺が止まるはずもなく、読み出す前から号泣ですよ・・・(|| ̄▽ ̄)
なかなか読み進めなかったんですが、その間ずっと新郎ははずっと私の背中をトントンと叩いてくれていたんです。
その手の温度のおかげで、なんとか読みきることができました。

いやしかし・・・始めから泣きすぎると、もしやゲストは引くのではっ?!Σ(`_´;)
と後から冷静になって考えましたが、どうだったんでしょう・・・?



記念品の贈呈のために、両親の元へ歩いていって、母を見たとき、いつもは気丈な母も泣いていました。
幼い頃からの事を思い出してくれていたのでしょうか・・・。

今まで本当にありがとう。
これからも2人の娘です。親孝行するからね。



両家両親と共に退場の後、私たちが送賓の準備をしている間、会場では、エンドロールが当日の模様と共に流れているはずです。
Non*と新郎と両親はまだ見てないのですが、どんなだったのかな?



お見送りでは、ゲスト1人1人と話せて、感謝の言葉も伝えられ、良かったです。
皆さんから、「おめでとう☆」 「楽しかったとヨ♪」という言葉を頂けて、本当に幸せでした。



派手な演出はなかったのですが、少しでもゲストの皆さんの心に残る結婚式になってくれていたら、こんなに幸せなことはありません。





今回の結婚式を通して、私たちは本当にたくさんの人に支えられているんだ、ということを実感しました。
準備は大変だったけれど、それが実って、ゲストの皆さんの笑顔を見ることができて、本当に嬉しく思います。
ご出席くださった皆様、そして残念ながらご招待はできませんでしたが、お祝いしてくださった皆様、いつも私たち2人を見守ってくださっているたくさんの皆様に、この場を借りてお礼させていtだきます。

本当にありがとうございました!




*****追伸*****

最後にもう1シーン号泣がありましてΣ(〃▽〃;)

お見送りの後、何枚か写真撮影をしてからようやく控室に下がろうと会場の螺旋階段を上がっていくと、
階下で後片付けをしていたスタッフの皆さんが整列していきます。


おや(  ´・ω・)?

と思って見ていると、


「本日は本当におめでとうございました!」


の言葉と共に大きな拍手を贈ってくださいました!

思わずやられてしまって、また号泣。

私たちが結婚式を挙げた、新浦安アートグレイス・ウエディングコーストは、スタッフの皆さん全員が心から祝福してくださる、温かい式場です。

Non*の無理なワガママにも対応してくださり、思い描いていた結婚式を実現することができました。
良い式場は?と聞かれたら、迷わず推薦したくなる、そんな式場でした☆



*****追伸2*****

お料理は、皆さんが美味しかったと言ってくださって、とっても良かったです☆
試食をして、2人で選んだ甲斐がありました♪

でも実は当日、新郎新婦はほとんど食べられず・・・・゚・(つД`)・゚・
Non*は前菜を2口と、魚料理を1口食べられただけ。

スタッフ曰く

「忙しくて、こんなに食べられないお2人は珍しいです」
との事。



モッタイナイぃぃ( ´Д⊂ヽ



でも、その後、二次会は予定してなかったんですが、出席してくれた大学の友人が、ぴあす。くん宅に集まっているよと連絡をくれ、プチ二次会を開いてくれました☆


みんな、ありがとうね
゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚



2人でモリモリ食べちゃってごめんね(;´▽`)ゝ”

posted by Non* at 17:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お嫁さま日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
謹んでご結婚をお喜び申し上げます。PAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★
末永くお幸せに。

二次会では、ざるのごとくお酒を消費したんでしょうね。(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
Posted by お腹が狸 at 2008年11月08日 00:02
>お腹が狸さん

11/6から新婚旅行に行っていたため、コメントのお返事が遅くなってしまってすみません( >Д<;)

なんとか、無事結婚式を挙げることができました(*´ -`)(´- `*)
写真がまだないので、今回はアップできませんでしたが、式場からデータが届いたら、改めてアップしたいなって思ってます☆

二次会・・・多分よく飲みました(;´▽`)ゝ”
恥ずかしながら、”目の粗いザル”という異名をとったことがあったりなかったり・・・( ̄□ ̄;)!!
Posted by Non* at 2008年11月13日 17:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。